料理関係の仕事に就きたいなら|専門学校へ進学しよう

受験が必要なところも

女性

料理を仕事にしたいと思ったら専門学校に行くのが確実です。総合的な知識と技術が身につくためです。入るために入学試験がある学校もありますが、基礎学力がそれなりにあればまず問題ありません。面接があることもあります。合格後は入学金と授業料の支払いが必要なので、費用を調べて用意しておく必要があります。

詳しく見る

ニュース一覧

技術を身に着ける方法

調理器具

パンフレットやオープンキャンパスなどで情報を収集するのが、料理専門学校選びの基本であり、入学後は一人一人の希望に合わせて科目を選ぶべきです。製菓や製パンに興味を持つ高校生も多いですが、将来的に独立開業を考えている人に人気があるのは、経営に関する授業です。

詳しく見る

調理師になるには

食材

食のプロを目指すには調理師免許の取得は就職や将来の独立等において大きなメリットが得られます。調理師免許は調理師専門学校か高校・大学等の調理科で料理に関する知識やスキルを1年以上学べば無試験で資格が得られます。中でも専門学校は学校ごとに特色に違いがあるため自分の目的にあった学校を選ぶことが大切です。

詳しく見る

プロの技を見れる

調理

料理がもっと上手くなりたいという人や料理のプロのなりたいという人の多くが専門学校に通う事を選択しています。プロのシェフが指導をしているので、現場の生の声を聞く事ができたり、実習ではプロの技を見る事ができるのが人気の理由です。

詳しく見る

食のプロを目指して学ぶ

婦人

シェフやパティシエを目指して学べる料理の専門学校は和食や洋食、製菓などのコースを提供しています。資格を目指しながら学べたり、研修でレストランで働きながら学ぶ事も出来ます。留学や研修が充実している料理の専門学校を選ぶとより多くの事を学べます。

詳しく見る

調理のプロを目指す学校

調理

多彩なカリキュラム

料理の技術を学ぶことができる専門学校では調理師の資格に加えて、多彩な専門技能を身につけることができるようになっています。専門学校では多種多様なカリキュラムが提供されており、料理に携わる上で不可欠な衛生管理から基本的な調理器具の使い方まで調理師として活躍する上で不可欠な要素を学べる場所となっているのです。専門学校の教育カリキュラムでは特定の料理ジャンルにとらわれることなく、幅広い分野で活躍できる人材を育成することも目的とされています。特に、入学からの一定期間は様々な料理の基礎を習得することが目的とされ、その後は個々の専門学科ごとにより実践的な技能を習得していくのです。これは伝統的な調理法から最新の調理技法まで幅広く学べ、飲食業界で活躍する学生の進路と就職に大きく貢献するスキルとなります。これら専門学校の学習期間は選考する学科や夜間クラスの受講などにより異なります。しかし、一定期間にわたり専門学校に通うことでプロの料理人としての基礎を形成することができるのです。また、専門学校では調理師の資格だけではなく、フードコーディネートや食育に関する資格など職に関連する様々な知識を見つけることが可能です。これは卒業後の進路を飲食産業だけに限定せず、より幅広い分野での活躍を可能にする技能です。従って、学生の年齢層は幅広く、高校を卒業したばかりの学生や社会人など様々な方が料理の専門学校で学んでいます。