料理関係の仕事に就きたいなら|専門学校へ進学しよう

ニュース一覧

調理師になるには

食材

食のプロを目指して

食は、人が生活する中で最も重要なものです。食事をしなければ人は生きられず、また必要とされる栄養を取らなければ健康的な生活を送ることができません。その欠かせない食を作り出すことを職業にしたのが調理師です。調理師は、レストラン等の飲食店や学校、病院等で料理を作るのが仕事です。なお、飲食店などで料理を作る仕事において必ずしも調理師免許は必要とされていません。しかし国家資格である調理師免許を持つことで、条件の良い就職先が得られたり、独立や責任あるポジションにつくなど将来に向けての大きなメリットとなり得ます。食のプロを目指すには、調理師免許を取得することは高い評価を得る手段の一つになるのです。調理師免許を得るには、調理師専門学校で料理に関する知識やスキルを1年以上学ぶことで無試験で取得できます。また、調理科のある高校や短大、大学で必要なカリキュラムを学ぶことで、こちらも無試験で取得できます。なお、専門学校や調理科のある高校や大学で学ばなくとも、調理師免許を取得することは可能です。この場合、2年以上飲食店で料理の実務経験があれば国家試験の受験資格が得られるので、これに合格すれば調理師免許が取得できます。ただし、専門学校や大学等では1年以上学べば無試験で資格が得られるメリットがあるだけでなく、多彩な料理に関する知識やスキルが得られるというメリットもあるので調理師を目指す多くの人が支持しています。中でも調理師専門学校は全国各地に多数あり、カリキュラムや指導方法、卒業後の就職先等にそれぞれ特色があるのです。そこで専門学校を選ぶ際には、どのような分野の調理師を目指したいのか、希望する求人があるのか、調理師免許以外の資格はどのようなものを取得したいか等を考えて、自分に合った学校を選ぶことが大切です。